top of page
  • 執筆者の写真運営 のるーと

【北海道で初導入・電子地域通貨Yorocaとの連携】「のるーと名寄」実証運行開始


北海道名寄市において、2023年11月1日(水)より「のるーと名寄」の運行が開始されます。


名寄市さまは、今後の⼈⼝減少・⾼齢化社会の進⾏をみすえ、恒久的な地域の⾜を守る公共交通網を維持しつつ、地域経済の活性化施策、医療福祉と連動した新たな公共交通の取り組みとして、名寄市中心市街地を対象に弊社のAI型オンデマンドバス「のるーと」を採用いただくことになりました。


弊社のこれまでの運行実績や連携パートナー網など、高齢者のみならず幅広い世代の住民の移動需要を捉えて満足度を獲得し、オンデマンド交通の有用性を検証するための適切な実証フローの設計とサポートができる点、積雪地域における運行支援経験を持ち、寒冷地域に対応した車両調達を行える点、今後の地域やサービス拡張に向け、交通事業者含め関係者と合意形成を進める支援ができる点などを評価いただき、弊社を採用いただきました。


導入にあたって弊社ネクスト・モビリティは、LINEおよび専用アプリによる予約・配車システムや有人電話受付、運行にあたっての地元交通事業者さまへの現地トレーニング、広告物の作成、寒冷地仕様かつ高齢者に配慮した車両の調達、運行の安全性・効率性も重視した乗降拠点の提案・助言など、これまでの他地区支援実績や自主運営事業の知見・目線を活かしサポートしてまいりました。

弊社としても初の「北海道エリアでの導入」・「地域通貨連携」の取り組みであり、運行開始後におきましても、これまでの経験を活かし引き続き実績把握や各種改善活動を総合的に支援させていただきます。


北海道名寄市におけるAIデマンドバス「のるーと名寄」の概要


■実施主体:名寄市

■運行事業者:株式会社三浦ハイヤー、名寄交通株式会社

■運行開始日:2023年11月1日

■運行エリア:名寄市市街地エリア

■運行時間:平日 7:00~17:00

 土曜日、日祝日、12月31日は運休

■予約方法: 電話 月~金 9:00〜17:00

アプリまたはLINE 24時間受付可能

 乗車日の3日前から予約受付可

■運賃:支払いは現金または電子地域通貨(Yoroca)

    *電子地域通貨(Yoroca)は11月23日利用開始

    *将来的に支払いは電子地域通貨(Yoroca)に統一予定

 大人 300円、小児(小学生) 200円、幼児以下 無料、障がい者 100円

■車両台数 :2台(ハイエースグランドキャビン4WD 乗客定員8名)


名寄市 AI活用型オンデマンドバス


パンフレット のるーと名寄


電子地域通貨(Yoroca)

Commentaires


bottom of page